組織開発を通して
新事業を創造する

創発プロジェクト

失われた25年の間に、先の見えないVUCA(*)の時代に入りました。
    • (*)V:Volatility(変動性)U:Uncertainty(不確実性)C:Complexity(複雑性)A:Ambiguity(曖昧性)の頭文字で、予測困難な状態を示します。
 
これまで、安穏と日々を過ごしてきた日本はいつの間にか世界競争力は34位に落ちてしまっています。
 
さらに2020年はコロナ禍。
 
災害をじっと耐えて過ごすか、新たなチャレンジによって、災いを福となすか。
いまこそ、企業の底ヂカラが試されています。
 
しかし、社員が社畜となってしまい、マネジメント(管理)という名の、
コントロール(制御・抑制)の毒に侵されてしまったとしたら、
座して死を待つ、ドロ船集団になってしまいます。
 
ヒトの「想像力×行動力=創発性」を発揮することを忘れてしまったままの
状態では、社長がいくら頑張っても社員のベクトルは未来に向かいません。
 
本当は、未来は変えられるのに・・・
 
ドラッガーは言います。
「未来を知る方法は1つだけある、未来を自ら創ることだ」と。
 
このプロジェクトは、アイデアをカタチにして、新たな戦略のもと、

新たな事業機会を創出する組織活動を通し、現状突破する軍団づくりを
目的としています。


プロジェクト概要

StepⅠ.みんな起業家になろう

自分の未来は自分で作る

  • 年功は老害。
  • 若い人にチャンスを与えよ。
  • 権威や手垢のついた経営手法を疑え。
  • 失敗したら評価する。
  • セレンティビティをつかめ。

StepⅡ.ビジョン・ドライブ

ビジョンでドライブを掛けよう。

  • 不透明な時代だからこそ
  • 真っ白なキャンバスに絵を書こう
  • 共有し共感の輪で光を集めよう
  • ビジョンと発想・行動

StepⅢ.戦略を再構築する

ビジョンを戦略に反映させる

  • ビジネスモデルに必要な9つの要素
  • 顧客にフォーカスする
  • 新技術×ネットワークで機会をつくる
  • 誰にでも発想できるコツを学ぶ

StepⅣ.プロジェクトを回す

ジョブ型×ナレッジで成果をつくる

  • 若い人にリーダーを任せる
  • ジョブスクリプトを設計する
  • ピポット(方向転換)を乗り越える
  • 失敗を糧にする

 

本プログラムのねらい、その他概要等

時代背景と本プログラムの狙い

 昨今の不安定な経営環境を乗り越えるためには、「現場感覚」から生まれたビジョン構築×戦略×行動力が必要不可欠な能力になってきています。
 本プロジェクトでは、新たな事業機会と自社の強みに目を向け、新しい革新的な事業を構築し、それを社内で推進できるリーダーシップと起業家精神あふれる人材の育成を図ることによって、実際の事業開発を通して、現状を突破する推進力を組織に植え付けることを目的としています。

 
当社の実績

 これまで、規模の大小問わず、さまざまな業種業態のイントラプレナーの育成を通して、400人以上のご指導とプレゼンテーション力の向上、マネジメント力の向上支援により、戦略実現を推進してきました。

期間及び時間

約6か月間のコースで各単元毎の時間の目安は以下の通りです

  1. StepⅠ=5時間×2回
  2. StepⅡ=5時間×2回
  3. StepⅢ=5時間×2回
  4. StepⅣ=5時間×2回 (計40時間)

 
会場

弊社研修室もしくは貴社指定場所(北陸近県は交通費不要)
 

お問い合わせ

イントロダクション(導入検討)個別セミナー

初めてお取引いただく方のために、事前講習会を行います。
導入するかどうかのご判断に迷っておられる方のための講座です。
時間:1時間
場所:御社会議室もしくはzoomでのご案内
対象:経営者・幹部